必要な物と交換が出来るお金とは

必要な物と交換が出来るお金とは

お金とは、人間社会において生きて行くうえで必要な物や欲しい物を手に入れるために使われる物です。また、「価値の尺度」や「交換の媒体」、「価値の保蔵」の機能を持ちます。

金(かね)の基本的な意味としては、金属(金、銀、銅など)の総称や金属製品の総称の事で、言い換えると『お金』とは「お互いに価値があるで信頼しているモノ」ということになります。

日本でお金の種類は、硬貨と紙幣の2種類あります。お金そのものは紙や金属でできており、それ自体大した価値はないのですが、金額をつけることで価値が生まれます。なので、「お金」とあっても、チューリップであったり、牛乳瓶の蓋のあったりしても基本的にはそれほど差異がないということになります。ただ、その価値を誰が保障しているか、という点が大きく違うわけなのです。

そもそも、お金のはじまりいつ頃なのでしょうか。昔、人々は自分の物と他人の物とを交換して、欲しいものを手に入れる物々交換をしていました。しかし、物々交換ではお互いの希望が必ずも一致するわけではないなど難点がありました。

そこで、誰もが欲しがるもので収集・分配できて、誰もが納得できる値打ちの大きさを表現し、持ち運びやすく、保存できるものを条件にしました。この条件を満たしたのが、布や砂金、穀物などの品々で交換の手段として使われるようになったそうです。

これが物品貨幣と言われ、「物々交換」から「物品貨幣」へ変わり、お金の初めということになるのです。中国では、宝貝が物品貨幣として使われていたそうです。

昔、アニメに石のお金が登場していたのを見た事がありますが、あれも物品貨幣の1つと言われてるいます。それから、物品貨幣の中でも金属(とくに金、銀、銅)が他の物と比べ耐久性など優れた性質を持ち、貨幣としての条件に1番合い広く利用されるようになってきました。

日本での貨幣のはじまりは、奈良県明日香村の飛鳥池遺跡で見つかった「富本銭」で7世紀後半に作られたとされています。それから、和銅元(708)年に「和同開珎」が造られ、それ以降250年の間に12種類の貨幣が造られていきました。

この貨幣の名前は、朝廷が発行した貨幣という意味で「皇朝十二銭」と呼ばれています。そして、長い年月をかけ、渡来銭から私鋳銭になり、時代劇でも有名な小判になり、貨幣とは別に紙幣も誕生し、明治4年に「新貨条例」を制定し、日本で「円」というお金が誕生しました。

普段何気なく使っているお金ですが、いざお金とは何と言われると難しいなと感じました。小学生の時に歴史でちょっと習ったくらいでそもそも意味はあまり分かっていませんでした。